【メモ】YUVフォーマットを理解するためにいろいろざっくり調べた

自分用の備忘録。

色について

  • 色は3つの属性をもつ
    • 色相
      • 色みの性質のこと
    • 明度
      • 色の明るさの尺度のこと
      • 光の反射率に関係する
        • 例えば黄色は光の反射率が高いため明度が高く、紫は逆に低い
        • 無彩色は明度のみをもち、白は明度が高く、黒は低い
    • 彩度
      • 色の鮮やかさの尺度のこと
      • 色空間において0に近づくほど無彩色(白、灰、黒)になり、最大値は純色となる(ただし色空間に依存する)
  • 明度を無視した色の性質を色度という
  • 色の表現方法を規定する規格・体系が多数存在する
    • マンセル表色系
    • オストワルト表色系
    • DIN表色系
    • NCS (Natural Color System)
    • CIE表色系
    • PCCS (Practical Color Co-ordinate System)
    • CCIC (The Chamber of Commerce & Industty Color Coordination Chart)
    • ABCトーンシステム
  • 色の表現方法は、顕色系と混色系に大別される
    • 顕色系
      • 色相・明度・彩度の3属性で色を表現する方法
      • マンセル表色系、NCS, PCCSなどがこれにあたる
    • 混色系
      • 原色を設定し、その混色量で色を表現する方法
      • オストワルト表色系、CIE表色系などがこれにあたる

RGBについて

  • CIE表色系で規定されている
  • 光の三原色である赤(Red)・緑(Green)・青(Blue)の組み合わせで色情報を管理する方法
  • 色を重ねるごとに明るくなる(加法混色)
    • R・G・Bを等量で混ぜ合わせると白色になる
  • 一般的にフルカラーという場合、R・G・Bの各色で256階調(8bit)、全体で16,777,216色(2563)のことを指す

YUVについて

  • 色度を抑え、輝度に帯域やビットを割くことで、見た目の損失を抑えつつ情報量の圧縮を実現できるフォーマット
    • 「明るさの変化には敏感だが、色の変化には鈍感である」という人間の目の特性を利用している
  • 色情報を輝度信号(Y)、輝度信号と青色成分の差(U)、輝度信号と赤色成分の差(V)の組み合わせで表現する
  • Y・U・Vのデータを水平方向4ピクセルあたりでどの程度の比率でもたせるかを、YUVx:x:xという形で表す
    • YUV4:4:4では、各データを256階調(8bit)でもたせた場合、8+8+8=24bitが1ピクセルあたりのデータ量となり、同じ階調幅のRGBデータとデータ量が等しくなる
    • YUV4:2:2やYUV4:1:1では、人間の目があまり敏感でないU・Vの色差成分を間引き、データ量を圧縮している
  • RGBとのデータ変換
    • Y = 0.299 * R + 0.587 * G + 0.114 * B
    • U = -0.169 * R - 0.331 * G + 0.500 * B
    • V = 0.169 * R - 0.331 * G - 0.500 * B
  • 参考

数ヶ月遅れで免許更新をした

自動車免許の更新を忘れ、数ヶ月遅れで更新してきたという話。自省。

経緯

通常、自動車免許の更新は誕生日の前後一ヶ月の間に行わなければならないが、想像を絶するだらしなさで延ばし延ばしにしてしまい、気づけば更新期限から数ヶ月が経っていた。これはマズいと思い、更新手続きを忘れてしまった場合の対処法について調べてみると、以下の情報が見つかった。 www.keishicho.metro.tokyo.jp 曰く、自動車免許の更新を忘れてしまっていても、失効後六ヶ月以内であれば必要書類等を揃えることで更新可能とのこと。幸い今回はまだ六ヶ月を過ぎていなかったため、急いで(?)最寄りの運転免許試験場へ赴いた。

当日の流れ

全体的に通常の免許更新と変わらなかったが、通常の手続きに加えて必要書類を提出する工程があった。今回必要だった書類は『戸籍記載の住民票』と『申請用写真』(免許証に記載される写真とは別物)。写真は事前に用意したが、自分が行った試験場には証明写真機が置かれていたため現地調達も可能だった。ちなみに更新のためにかかる金額も通常より高くなる。

講習

昨年に交通違反をしてしまい、今回の講習区分は違反運転者講習だった。免許更新は遅れるわ違反はするわで本当にひどい。今は反省している

違反運転者講習では、最近の道路交通法改正の話や昨今話題に挙がることの多い煽り運転についての話が聞けてためになった。

  • 道路交通法改正(平成29年)内容の話
    • 高齢運転者対策の整備の進展
      • 75歳以上の高齢者が特定の違反行為をした場合、臨時の認知機能検査が必要に
      • さらに認知機能検査に引っかかった場合、臨時高齢者講習が必要に
    • 準中型免許の新設
      • 今回の更新で自分の免許区分表示が準中型(5t限定)に変わった
  • あおり運転への対応の変化
    • これまでは道交法の範疇で対処されていたが、近年暴行罪や殺人罪が適用される例が出てきた

などなど。

まとめ

なんだかんだあったがひとまず免許は更新できた。ただ、住民票や写真を用意しなくちゃいけなくなったり余計にお金がかかったりなど、何一つ良いことはなかったので(当然)、二度とこんなことはないようにしよう。

【読書】「ハードウェアのシリコンバレー深セン」に学ぶ−これからの製造のトレンドとエコシステム

15年以上深圳でビジネスをしてきた著書から見た、深圳のエコシステムが形成されるまでの変遷と、そのエコシステムの構造や仕組みについて、体験談を交えて記した本。

「深圳がすごい」という話は今や製造業に携わる人間でなくとも耳にするようになった。しかし深圳がすごいと言われる所以をここまで臨場感をもって語れる日本人はなかなかいないんじゃないかと思う。

書籍「ハードウェア・ハッカー」でも深圳のエコシステムについて深く語られていたが、そちらはエンジニア視点での考察が多かったのに対し、この本はビジネスや人との関わりについての泥臭い話が豊富だった印象。

このような本を読むと、時代に取り残されてしまった日本の製造業の現場で今まさに働いていることへの危機感を覚える。。

しもきたさんぽ

今日は散歩がてらに下北沢で古着屋さんを見てまわった。

 

どこかの古着屋さんに置かれていた、古着のナイロンジャケットをパッチワークにしてリメイクしたスウェットシャツがかっこよかった。

 

使われてたナイロンジャケットはたぶん↓のやつ。他の素材も使われてたかもしれない。

f:id:sasakino:20191104004206j:image

 

古着は生地の風合いが良くても形が野暮ったくてそのままでは着にくかったりするけど、こうして形状を現代風にアレンジして生地感はそのまま活かすアイデアは良いなと思った。

この考え方は他の分野でも活かせそう。たとえば、なんとなくCasettifyを連想したりした。

https://www.cassettify.com

【カフェ巡り】チャイブレイク / 吉祥寺

今日は吉祥寺駅近くの『チャイブレイク』というカフェに行ってきました。駅から徒歩3分ほどで、井の頭公園のすぐそば。

s.tabelog.com

続きを読む